経営革新塾

中小企業に適した人事評価とは|経営革新塾3日目

「ヒト」は扱い方次第で結果が真逆になる。

事業継続には人材が必要です。また事業拡大に伴いヒトは増えていきます。
社員を入れれば(雇用)、設備の刷新のように簡単に取り替える事(解雇)は出来ません。
それぞれが感情を持ち、その個々の資質にも多様性があることから
会社への貢献度も一定ではありません。
では、貢献度を最大化させるために、どうすれば社員のやる気を向上させることができるでしょう。
本講座は、全3日コースの経営革新塾の3日目となります。

カリキュラム|経営革新塾

第1回「事業計画と財務管理」

第2回「売上拡大と営業戦略」

第3回「IT活用と人事の基礎」
1.攻めの戦略的IT活用、2.人事政策の基本と組織活性化、3.事業計画の策定(第三者評価)

講師紹介|経営革新塾

経営革新塾講師

メイン講師:千葉 峰広

大手電子部品製造会社(資本金120億円、従業員数約2千名)にて賃金制度、人事評価制度等に携わる。中小企業に特化した人材の専門家として支援実績多数。

サブ講師:小池 俊介

年間100件を超える経営相談実績を誇り、元金融機関職員として、さまざまな中小・小規模事業者の事業再生や成長支援を手掛ける。中小企業診断士。

サブ講師:升田 覚

信用金庫にて融資、製造メーカーにて営業部門、税理士法人にてコンサルティング部門を立ち上げるなど多様な業界で異才を発揮する。中小企業診断士。

■経営を具体的に学び、知識を吸収するために。

モデルケースによって考え、学びます。経営革新3日目では、モデルケースにおける社員のモチベーションを高める施策について検証します。よくある成果主義に基づいた人事評価制度を導入すれば、社員をコントロールしそれで解決できるのでしょうか。
成果報酬型でやる気が向上するのであれば、良い人材はやがて資金力のある大手企業へ全て流れていくこと(転職)でしょう。そうではなく、小規模事業者等は異なる視点からアプローチすべきです。
人材確保が今後困難になる今だからこそ、社員から働きたい会社と言われる仕組みづくりを考えます。

※経営革新業塾は、次世代経営者(後継者・経営幹部)を対象にした経営を論理的に、より具体的に学ぶための実践研修です。この続きは以下の「経営革新塾ホームページ」をぜひご覧ください。

経営革新塾ホームページ

関連記事

  1. 成長には増収増益が必要です|経営革新塾2日目

  2. 経営革新塾

    ヒトの活かし方を考える!|経営革新塾3日目

  3. 経営革新塾

    中期経営計画策定の実務|経営革新塾3日目

  4. 経営力向上計画|経営革新塾

    固定資産税の軽減措置が得られる経営力向上計画|経営革新塾1日目

  5. 経営革新塾

    数字に強くなれる!|経営革新塾1日目

  6. 経営革新塾

    経営革新計画とは|経営革新塾3日目